お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

地図学とは

さてそんな地図ですが、地図学(ちずがく)または地図製作法(ちずせいさくほう)として、地図または地球儀を作成するための研究する学問として確立されています。また地図学といった場合、工学方面では、地図を使った測量、読図などの技術を研究する測量学的な研究を指します。

地図は伝統的に、紙とペンを使って作成されたが、コンピュータの出現と広がりが地図製作に革命をもたらしましたが、現在はほとんどの地図は、CAD、GIS、および地図製作に特化されたソフトウェアの3つの主な種類のソフトウェアを用いて作成されています。

地図は空間データの視覚化のための道具として機能し、空間データは測定から得られ、データベースに保存することができます。データベースから、空間データを多様な目的のために抽出することができます。

この分野における現在の傾向は、アナログな地図製作方法から、デジタル的に操作することができるダイナミックで双方向的な地図作成の方向に移り変わってきています。地図作成の過程は、客観的な現実の状態があり、抽象概念のレベルを加えることによってその現実の状態を信頼できる形で表現できるという前提に基づいています。

地図学は、現在都市工学や地理学、日本史(古文書関係)の専門課程を置く学部で開講されている事が確認できる。特に地理学方面では地図用いる学問から、必修の科目となっています。

多くは、今まで書かれているような歴史的背景や観念的なものではなく、地図を用いた測量法・地形図判読・地図作成法など実際的な側面が強い実習を兼ねたプログラムとなっている事が多い。

実態は、地図に関する知識の取得ではなく、測量技術を修得する意味合いがつよく、測量学と連携している事も多い。コンピューター技術の発達により電子的に地理情報を処理することが多くなり、地理情報システム(GIS)などの隣接分野も盛んになってきているようです。

本当にワクワクします。